理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

コスメECサイトで勝つために

Posted on | 8月 27, 2021 | No Comments

「コスメ物流のススメ!」連載第二弾
物流会社に勤める美容オタクの石川です。前回は“おこもり美容”ブームに伴い、美容・コスメ業界のEC通販やBtoCの需要が拡大していること、そしてBtoCを運営する上でのメリット、デメリットについてお話させて頂きました。今回はコスメECサイトで勝つためのポイントをお伝えします。

sankyo_1
最初のポイントは、商品の露出機会を増やすことです。具体的にはInstagramやTwitterなどのSNSで自社アカウントを作成し、フォロワーの方に商品の認知をしてもらいます。Web広告も顧客の獲得に有効的ですが、コスト面での問題があります。SNSであればそれほど費用をかけずとも顧客の獲得を目指せます。
SNSでは顧客とダイレクトに繋がることが出来るのも魅力の一つです。直接的なやりとりにより親近感を抱き、商品の購入に繋がるケースも少なくありません。

販売チャネルを限定しないことも大切です。ECサイトでの販売は自社サイトのみでなく、ECモールへの出店を積極的に行います。一般的にコスメECのマーケティング施策はハードルが高いからこそ、複数のチャネルでの販売がおすすめです。先ほど少し触れたInstagramにはショッピング機能もあり、活用するのも良いでしょう。

ただし、販売チャネルを拡大することでデータ管理が煩雑化してしまったり、コストがかさんだり、などといった懸念点もあります。これらの問題を解決するため、情報の一元管理を行う物流管理システムや受注管理システムの導入、またコスメ物流自体をアウトソーシングすることも一つの手です。
sankyo_2
次回はこれらを踏まえて、コスメ物流のアウトソーシングとは何かを詳しく解説します。

倉庫管理でお悩みの方
是非一度、誤出荷0を達成し続けている三協の倉庫見学会へお越しください。
物流改善へお力添え出来ると思います。
詳細・申し込みは
https://www.kk-sankyo.com/kengaku/

LINEで送る

タグ: コスメEC, コスメ物流のススメ!, 三協

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    サロン専用ネットショップ構築サービス
    ………………………………

    ………………………………

    ネイル商材卸販売・OEM作製
    ………………………………

    表参道美容師の選ぶ店販No.1
    ………………………………

    あなたのネイル情報を無料配信!
    ………………………………

    店舗の集客・顧客体験アップデート
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧