理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

日曜日を定休日している美容室がやっている5つのこと

Posted on | 7月 30, 2021 | No Comments

人生100年時代の美容キャリアご夫婦2人で開業されると、お子様が生まれた後、こんな問題が発生します。
保育園は日曜日に預かってくれない。日曜日は子どもはの保育をどうしよう?

ベビーシッターを探さなくては。
日曜日だけの保育園をもうひとつ探さなくては。
子どもをサロンに連れてきても、いいものか、お客様に迷惑がかからないか。

ご夫婦で開業される美容室の開業支援をお手伝いしていると、こんなお悩みの声をよくお聞きします。

ここでは、この解決方法のひとつをご提案します。

それは、ズバリ「日曜日が定休日の美容室にする」ということです。

美容業界ではこんな暗黙の了解の元で働いている方が多いでしょう。
「土・日曜日が稼ぎ時だから働いて当たり前」
「定休日は月曜日、もしくは火曜日に1日だけ」

でも、せっかく、独立開業し、一国一城の主になられたのです。
ご自分の人生の舵取りを、ご自身でしていただく範囲に限界はありません。

これまで、250件近くの開業支援や、美容室経営相談に乗ってきた中で、日曜日を定休日にされるサロン様の特徴がうかびあがってきました。

日曜日を定休日にして、安定的に経営されているサロン様を見ていると、5つの共通点があります。
名称未設定-2
ひとつづつみてみましょう。

【共通点1 完全予約制であること】
「今日、空いてますか?」という飛び込みのお客様をあてにした売上体制にはしていません。
リピートのお客様には、ご来店時に、次回予約を必ずいただくことを徹底する。
でないと、次の予約がなかなかとれずに、ご迷惑をおかけするからです。
新規のお客様には、インターネット上で予約表を公開し、空いている時間を選択してご予約いただきます。

なので、1日5組限定で受付枠となっていたら、5組毎日入る。
また、ご予約いただいたら、「次の予約がとりにくくなる」旨お伝えし、キャンセルいただかないようにする。

これを徹底することで、1カ月間の売上予測がきちんとたち、また、ほぼ予測どおり、実際の売上をたてることができます。

【共通点2 ここでしかできない特徴がきちんとアピールされていること】
地域他店ではなく、「あなたのところに、絶対来なければならない理由」を、お客様にきちんと説明できる特徴を持っています。

これは、地域密着店舗でも、全国に顧客をもつ店舗でも、同じです。

競合分析と、ポジショニングがきちんとなされ、店舗の独自性が顧客にわかるように伝えられています。

【共通点3 客単価が1万円以上であること】
平均したら客単価12000円以上が理想的です。
1日に限られた人数のお客様しか受付られないからです。
もちろん、客単価は店販商品も含めてくださってかまいません。

【共通点4 スタイリストとのマンツーマン施術であること】
アシスタントや業務委託を入れないサロン運営をします。
技術を教えて欲しいと請うてこられる方をアシスタントとして、期間限定でお迎えするのはありです。
しかし、施術可能人数を増やすためのサポート係としてのアシスタントは雇いません。

【共通点5 集客をクーポンサイトに頼らず、自前の情報発信基地をもち情報発信ノウハウを構築していること】
集客手段をオリジナルで構築されています。
ホームページの構築と、SNSの活用、ニュースレターやメルマガ、LINEの組み合わせで、リピーター対策、新規顧客集客対策が、しっかり働いています。
クーポンサイトを利用しないメリットは、広告費に余分な経費をかけずに運営できることとにあります。

たとえば、この5つの特徴を揃えておられる美容室様の例をひとつご案内すると、群馬県前橋市のリスペック様があげられます。
https://respec.pwa.1cs.jp/home

とはいっても、そんな理想だけで日曜日を休みにするのは怖すぎる。
旦那さんだけ働いて、奥さんは日曜日に育児のため休みにし、別の曜日に、奥さんだけが働き、旦那さんが休めばいいのではないか。
そういう反論も聞こえてきます。

もしあなたのサロンの想定顧客層が、土日しか休みがない方ばかりを多くターゲットにしているのであれば、土曜と日曜の両日とも営業する必要があるかもしれません。

しかしながら、せっかく独立されたわけです。
日曜日に休みにすると決めるのであれば、平日昼間ご来店頂ける方を改めてターゲットにし直すという作業から行うことも可能です。

お客様の層を徐々に入れ替えていくという戦略もありえます。
顧客ゼロからはじめる新規オープンの店舗でも6カ月から1年で立ち上がるのですから、顧客層の選び治しも、1年あれば、十分可能です。

実際に、お子様が誕生されてから、従来は火曜日と水曜日をお休みにされていたけれど日曜日定休に変更されたサロンオーナー様に、特に新規のお客様のご予約に支障がないか、お聞きしてみました。

新規のお客様は、サロンで受付可能な空いている予約枠の日を、わざわざ有給休暇をとって、ご来店いただくとのこと。
休みの日だから美容室でも行こうかではなく、仕事よりも美容室へ来ることを優先していただく気持ちの方をご新規様としておむかえできることを、ありがたいとおっしゃっていました。

お客様に選ばれることを考えることばかりが、集客ではありません。
こちらから、お客様を選ぶのも経営者である私達の仕事の一つです。

せっかく独立開業されたのですから、家族を含めた自分の人生を、自分で決めて歩くことができます。
歩きたい道を選ぶのにタブーはありません。

日曜日に休んで、家族ですごす未来を、あなたも描くことができます。
「日曜日に休んで子どもと一緒にいたいな」とチラと思われたら、実現している先輩がすでにいるのですからあなたもできます。
顧客選定や集客の仕方などを徐々に構築していきましょう。

あなたがもし、「日曜日の保育や育児」に悩んでおられるサロンオーナー様だったら、日曜日を定休日にするためのサロン運営方法の参考にしてください。

【執筆者紹介 和田美香】
mika_wada_160みかんぐみ株式会社 代表取締役/中小企業診断士
店舗開業コンサルタントとして2009年にみかんぐみを設立。自社で美容店舗3店舗運営まで経験する。サロン経営者や独立開業希望者からの相談を年間20件以上、12年間うけつづけてきたなかで蓄積した、顧客とともに幸せになるサロン経営のアドバイスには、特に女性経営者や、経営を支える奥様からの支持が篤い。
「はじめての美容室独立開業工事110番」https://salonopen.com/
「フリーランス美容師のためのシェアリングサロン」http://frange.link/
「自社ノウハウを動画で伝える和田美香オンラインスクール」https://wadamika.com/
ご相談窓口 https://school.wadamika.com/p/1time_coaching

LINEで送る

タグ: みかんぐみ, 人生100年時代の美容キャリア, 和田美香

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販
    ………………………………

    ………………………………

    【松風】プロ向けマツエク商材を卸価格で
    ………………………………

    ネイル商材卸販売・OEM作製
    ………………………………

    表参道美容師の選ぶ店販No.1
    ………………………………

    あなたのネイル情報を無料配信!
    ………………………………

    店舗の集客・顧客体験アップデート
    ………………………………

    集客が増える予約システムReservia(リザービア)
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
    髪余録
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧