理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

フォトウェディングなどでの出張美容は不可

Posted on | 8月 16, 2017 | No Comments

経済産業省商務・サービスグループ サービス政策課は、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」を活用して照会のあった、フォトウェディング等におけるヘアメイクサービスに係る美容師法の取扱い(出張美容)について、2017年8月15日出張美容はできないと回答した。

美容所以外で行う出張美容については、「婚礼その他の儀式に参列する者に対してその儀式の直前に美容を行う場合」と美容師法施行令第4条第2号で規定されているが、要介護者らを対象にした出張美容を認めるなど時代の求めに対応し、拡大てきている。

今回の照会は、東京都内の美容室が今年6月30日付けで行ったもので、
①結婚式に先立つリハーサル(式の2週間前程度)におけるヘアメイクサービス(リハーサルヘアメイク)
②挙式をせずに記念写真の撮影のみを行うフォトウェディングにおけるヘアメイクサービス(フォトウェディングヘアメイク)
のサービス提供が同条第2号の規定に含まれるか照会したもの。

照会先の厚生労働省は、①②とも同条第2号の規定に含まれない、と回答。いづれもできないことが明確になった。
理由は
①のリハーサルヘアメイクについて、2週間程度前のリハーサルは、通常時間的制約があるとは言えないため、同条第2号に規定する儀式の直前に該当するとは考えられず、また、通常リハーサルは社会通念上の「儀式」とは言えないことから、①の事業は同条第2号の特例に含まれないものと解する。
②のフォトウェディングヘアメイクについて、当該事業の主目的は、「記念として写真を撮る」ことと考えられることから、同条第2号に規定する「婚礼その他の儀式」に含まれないものと解する。

サービスグループ サービス政策課では、「これにより、美容師法における美容所の届出が必要な範囲が明確化され、新たなサービスに係る事業上のリスクが低減する」としている。

なお当照会事例は、フォトウェディングヘアメイク、リハーサルヘアメイクなどが美容師の業務無独占範囲であることを前提にした照会で、今回この前提を踏まえ回答を得たことにより、一部の写真スタジオなどで行われている無資格者にヘアメイクなどが否定されたことになる。

LINEで送る

タグ: グレーゾーン解消制度, 出張美容, 経済産業省

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    受験者2,200名超、松風公認制度とは? ………………………………

    持ち・ツヤ・発色に自信の国産ジェル「プリジェル」
    ………………………………

    木曜金曜ポイント5倍、プリモール!! ………………………………

    人気爆発のレーザーラッシュ入荷 ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧