理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

カット代支出金額は実質プラス

Posted on | 2月 9, 2021 | No Comments

2020年家計調査・美容系品目の前年比
2020年家計調査(年次)・美容系品目の前年比は、名目(金額)ではすべてマイナスだったが、消費支出の増減を勘案した実質ベースではカット代がプラスだった。また前年に比べ、利用者が選択した価格はパーマネント代は0.2ポイント安い価格に、カットは0.1ポイント高い価格にシフトした。

kakei_2020_zennenhi
2020年は新型コロナウイルスの影響で経済は落ち込み、とくに緊急事態宣言が発出された4月は美容系品目もマイナス幅が大きかったが、5月以降徐々に持ち直した。しかし、来店頻度の長期化は現在も続いているので、回復には時間がかかりそうだ。

持ち直しには地域差もある。リモートワークがある程度浸透した結果、自宅近くのサロンを利用する消費者が増え、郊外サロンは回復しているが、都心部のサロンはいまだに来客数は減少したままという。

また、品質変化率をみると、理髪料は0.0ポイント、パーマネント代は-0.2ポイント、カット代は+0.1ポイントで、利用者が選択した価格は理髪料は前年と同等、パーマネント代は安い価格、カット代は高い方向にシフトした。

パーマネントは高齢女性の利用が多く、この層は年金生活者が多いことから、安価の方向にシフトしたとものと推測される。パーマネント代は消費者物価指数では上昇、料金は上がっているが、利用者は安価な方向に流れているのがわかる。

【関連記事】
2015年=100の指数
https://ribiyo-news.jp/?p=31162

世帯主の年齢階層別
https://ribiyo-news.jp/?p=31196

世帯主の年収別
https://ribiyo-news.jp/?p=31192

<主要52都市ランキング>
理髪料 
https://ribiyo-news.jp/?p=31180

パーマネント代
https://ribiyo-news.jp/?p=31176

カット代
https://ribiyo-news.jp/?p=31172

他の理美容代
https://ribiyo-news.jp/?p=31166

LINEで送る

タグ: 家計調査, 家計調査前年比, 家計調査品質変化率

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    サロン専用ネットショップ構築サービス
    ………………………………

    ………………………………

    ネイル商材卸販売・OEM作製
    ………………………………

    表参道美容師の選ぶ店販No.1
    ………………………………

    あなたのネイル情報を無料配信!
    ………………………………

    店舗の集客・顧客体験アップデート
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧