理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

理美容師は供給過剰

Posted on | 6月 8, 2018 | No Comments

理美容ラウンジ
日本の人口は2017年12月29現在、1億2670万人を数えます。男性人口は6166万人、女性人口は6504万人です(総務省・人口推計/総人口・確定値)。

これをもとに、男性は年間5.2回、女性は4.3回の頻度で理美容サロンで施術を受け(サロンユーザー調査2018/NBBA)、それぞれの施術所用時間を男性1時間、女性1時間半として計算すると、理美容サロンで施術する総時間数は、男性3億2千時間、女性4億2千時間、合計7億4千時間になります。

一方、理美容師の労働時間は1日9時間の労働時間で月22日働いたとすると年間の総労働時間数は2376時間になります。この労働時間で施術にかかわる総時間を割ると約31万人の理美容師で足りる計算になります。
もちろんこれは理美容師さんが1日中9時間フル稼働した数値ですので現実的ではありません。7割稼働の場合は43万人ほど、6割稼働なら51万人ほどで間に合います。

またカットに特化した業態店を利用する人は、男性は28%、女性は17%が毎回でないにしろ利用しています(前出・サロンユーザー調査2018)。これを勘案すると理美容サロンで施術する総時間数は7億4千時間を実際にはかなり下回るものと思われます。

理美容師数は2017年4月1日現在、理容師22万人、美容師51万人、合わせて73万人います(厚生労働省・衛生行政報告)。ざっくりとした大雑把な計算ではありますが、理美容サービスを受ける利用者の所要時間と理美容師の労働時間という、時間の視点で見る限り、理美容師は明らかにオーバーパースン、供給過剰状態といえます。
理美容師の低所得、低賃金の理由の一つは供給過剰にあるといえます。

ところで前述の計算で7億4千時間の総施術時間を、10分1000円、1時間6千円の時間単価で計算すると理美容市場は7兆4千億円になります。この単価、決して荒唐無稽な数字とはいえないと思います。
現在は2兆円程度の理美容市場ですが、潜在的な市場はまだまだありそうです。やり方によっては夢と希望が持てる業界です。

LINEで送る

タグ: オーバーパースン, 供給過剰, 理美容ラウンジ

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販
    ………………………………

    ………………………………

    【松風】プロ向けマツエク商材を卸価格で
    ………………………………

    ネイル商材卸販売・OEM作製
    ………………………………

    表参道美容師の選ぶ店販No.1
    ………………………………

    あなたのネイル情報を無料配信!
    ………………………………

    店舗の集客・顧客体験アップデート
    ………………………………

    集客が増える予約システムReservia(リザービア)
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
    髪余録
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧