理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

美容室の事故件数はヘアカラーがトップ

Posted on | 5月 17, 2015 | No Comments

全美連の美容所賠償責任補償制度より
全美連は美容所賠償責任補償制度の1年間の事故件数などを発表した。平成25年9月1日から平成26年8月31日までの1年間に発生した事故件数は487件で、事故発生率は0.81%だった。

対人事故が209件、対物事故が278件、割合は対人43%、対物57%。支払った賠償金額は総額3819万円。1件当たりの支払金額は平均7万8千円だった。1件当たりの支払額は対人14万2千円、対物3万1千円と、対人補償が高額。

事故件数は対人・対物ともヘアカラーによるものが突出して多い。対人では皮膚炎、かぶれなど、対人では衣服の汚損だ。
ヘアカラーについで多いのがパーマネント。薬剤を使用する技術は、慎重に行なわないと事故につながる。なお、ヘアカラーでは事前のパッチテストが義務づけられている。

1件当りの補償金額では、施設の欠陥による傷害が32万円で抜きんでて多額になっている。事故の内容は不明だが、転倒などによる骨折等が考えられる。

【対人事故のトップ5の内容:件数:1件当りの補償額(単位:千円)】(下のグラフ参照)
①ヘアカラーによる皮膚炎など:45:57
②パーマによる皮膚炎など:27:59
③やけど:23:60
④施設の欠陥による傷害:22:320
⑤切り傷:18:66

【対物事故のトップ5の内容と件数】
ヘアカラーによる衣服汚損:124
パーマによる衣服汚損:46
メガネ以外の財物破損:37

このデータを基に、全国の美容室における事故件数を推計すると、年間2千件程度になる。このうち、対人事故は900件程度だろうが、賠償金額が高額になるため、万が一の場合に備えて、美容事故を補償する保険に加入しておきたい。

対人事故のトップ5の内容と件数と1件当りの補償額

対人事故のトップ5の内容と件数と1件当りの補償額

LINEで送る

タグ: 全美連, 美容事故, 美容所賠償責任補償制度

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「7年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによる各種セミナーを実施中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    人気の国産BグルーEX、5g容量でさらに使いやすく!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 衛生管理(厚生労働省)



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧