理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

第3回パーマテクニカルトレーナー研修会開く

Posted on | 7月 19, 2011 | No Comments

全美連(三根卓司理事長)は2011年7月18、19の両日、東京・六本木のハリウッドプラザで、第3回パーマテクニカルトレーナー研修会を開催したのに合わせて、19日記者会見を開き、全美連が進めるパーマ復権運動について説明した。

パーマ復権運動は、美容の主力メニューだったパーマが近年、売上の20%を割り込むなど落ち込んでいることから、パーマ客を獲得するために、パーマ技術やパーマスタイルを開発、提案し、美容業界全体の売上拡大につなげるのが狙い。

現在のパーマ比率は17%で、しかも高齢者が中心客になっている、という。このままでは一層のパーマ比率の低下が予想される。
その一方で、パーマをかけてみたいと思っている女性は調査(NBBA)では55%いて、潜在需要は小さくない。この潜在需要の35%をパーマ客として顕在化すれば年間44400億円の売上増加が見込め、これは1美容室当たり200万円の増収になると試算している。

そこで全美連では、新しいパーマ需要を掘り超すために「FAN TO PERM」を作成し、昨年一年間、テクニカルトレーナーが中心となり、全国で465回の講習会を開き、延べ1万2000人を超す美容師さんが受講した。

パーマ復権運動の2年目に当たる23年度は、昨年一年間の実績を踏まえ、ステップアップ「スタイル提案」とステップアップ「顧客提案力」の講習を展開する。各組合では22年度のベーシック講習会と合わせて、3つの講習を選択して実施できる。

第3回パーマテクニカルトレーナー研修会では、ステップアップ「スタイル提案」とステップアップ「顧客提案力」を指導するトレーナーが各組合から47名集まり、本部の佐藤律講師らから指導を受けた。

このパーマ講習への受講者が少ない組合もあることから、全美連では技術展示(デモンストレーション)を行い、受講に結びつける選択肢もあるという。

3カ年計画として行っているパーマ復権運動だが、パーマ復権運動を担当する藤原國雄副理事長は、「最終的な目標として、24年度末にはパーマ比率を30%までに引き上げたい」と会見で語った。

写真左・記者会見でパーマ復権運動について語る藤原副理事長、右はパーマテクニカルトレーナー研修会の模様

写真左・記者会見でパーマ復権運動について語る藤原副理事長、右はパーマテクニカルトレーナー研修会の模様

LINEで送る

タグ: パーマ, 全美連

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    サロン専用ネットショップ構築サービス
    ………………………………


    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    サロン店販のご提案/MTGプロフェッショナル
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧