理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

パンチパーマ、角刈り 再ブームの気配

Posted on | 11月 26, 2020 | No Comments

理美容ラウンジ昭和の時代、一世を風靡した「パンチパーマ」。その発祥の地は、福岡県北九州市の理容店、だそうです。旅をテーマにしたネットメディア『TRiP EDiTOR』が2020年11月25日に配信した「みんなの意外な、発祥の地」という記事より。

パンチパーマの発祥の地について、記事は
「ルーツは1970年代に北九州市在住の理容師・永沼重己氏が考案したとされており、現在でも北九州市の小倉にあるパンチパーマ発祥のお店は健在なのだとか。」
と紹介しています。
いわゆる伝聞記事です。見出しも「パンチパーマは福岡発祥?」と「?」付き。

記事は「オセロ」「うなぎの蒲焼き」「学校給食」「新幹線」「ラジオ体操」「温泉まんじゅう」など多彩な発祥地を紹介した読みのものになっています。「床屋」の発祥の地として、山口県下関市の采女之亮政之(うねめのすけまさゆき)も紹介されています。

パンチパーマの発祥の地の記事に「?」が付いているのもうなずけます。パンチパーマのもとはアイパーですが、平型アイロンを器用に使ってカールを作った理容師さんを発案者とする説がある一方、小型の丸アイロンを開発してそれを使ってカールを作った理容師さんを初見とする説もあります。

実際、昭和のころ「私が開発した」と自称する理容師さん、あるいはアイロンメーカーさんを複数知っています。いまとなっては、どなたが開発者なのか、どこが発祥の地かは不明です。まさに「諸説あり」の世界です。

ところで、手入れがしやすくて一世を風靡したパンチパーマですが、その筋の人が好んでしたこともあって、敬遠する人が増え、銭湯に「入墨とパンチパーマの人の入湯、お断り」の張り紙が出るに及んで、ほぼ消滅してしまいました。

しかし令和のいま、再び一部の男性から注目され、メニュー化する理容店もあります。スキンフェードなどの刈り上げスタイルの流行とともに、タフな男性のイメージがあり、見直されているようです。昭和のパンチパーマは全頭に施術しましたが、令和は天頂部中心です。
そういえば角刈りも見直されています。これぞ理容の「ザ・トコヤ」技術が再ブームになる気配です。

LINEで送る

タグ: パンチパーマ, ブロース, 理美容カフェ

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    定額料金の美容師採用サイト「リクエストQJ」
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販
    ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによるインスタライブを配信中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    話題のフラットラッシュをキャンペーン特価で!
    ………………………………

    集客が増える予約システムReservia(リザービア)
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
    髪余録
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧