理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

「肌本来の潤い」とは?

Posted on | 6月 14, 2018 | No Comments

real_cosme_logo180美容液や美容クリームの化粧品の広告に「肌に潤いを与えます」「肌本来の潤いを保ちます」といった表現をよくみかけます。

健康な肌は潤っていますし、それが美肌のもとです。「肌本来の潤い」を強調した化粧品の広告は、的確な表現といえます。

「肌本来の潤い」とは、皮脂腺や汗腺からの分泌物と角質層のケラチンが混ざり合ってできたものです。これが「肌本来の潤い」です。この潤いを天然保湿因子(NMF)といいます。
具体的には、遊離アミノ酸、ピロリドンカルボン酸、乳酸、尿素などが約70%を占め、これ以外にも各種の酸や各種無機質で作られています。これらの成分と絶妙な配合が美肌、健康肌の源泉となっています。

人の肌は、なにもしなくても皮脂腺や汗腺からの分泌物で適度に潤っています。これが「肌本来の潤い」です。

ところが加齢にともない適度な分泌物が出にくくなります。個人差があり何歳からとはいえませんが、「肌本来の潤い」がなくなり乾燥しやすい肌になります。冬季の空気が乾いている季節など、とくに肌が乾燥して荒れやすくなったりします。

こういう人は美容液や美容クリームで保湿して肌を守り、健康な肌を保つ手入れは必要です。ですが、若くてなにもしなくても潤っている人は潤い化粧品は必要ありません。
「肌本来の潤い」、これは人が持っている生理機能で、肌に潤いが必要だから潤っているのです。しかし、潤い化粧品を使いつづけると、この本来の潤おうとする働きが阻害されてしまいます。

潤い化粧品を長く使っている人に肌のクスミや肌荒れが多くみられるのは、化粧品の使いすぎが原因のひとつといえます。潤い化粧品を適度に使うぶんにはいいのですが、使いすぎは禁物です。

LINEで送る

タグ: 化粧品の不都合な真実, NMF

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「7年連続No.1」
    ………………………………

    持ち・ツヤ・発色に自信の国産ジェル「プリジェル」
    ………………………………

    毎月23日は『プリアンファの日』!何かが起こる!?
    ………………………………

    22年の実績でグルーの年間販売24万本突破!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧