理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

サロンクオリティ 美容室の店販を考える

Posted on | 4月 20, 2012 | No Comments

理美容カフェ
美容室の店販品は女性にとって魅力のある品である。サロンクオリティという言葉があるように、プロ仕様の高品質な商品というイメージがあるからだ。

NBBAの調査で、美容室の店販品の魅力度を尋ねている。
「とても魅力」「やや魅力」を合わせると、2006年の調査以来4割前後で推移している。とりわけ、10代、20代の女性は魅力と感じている。

しかし、最近1年間の購入経験は2011年は22%しかない。魅力と感じている人の約半分しか購入していない。購入経験は2006年には26%あり、減少傾向にある。

「買わない理由」は、「価格が高い」が69%で最多。ついで「価格がわかりにくい」。また、「購入するのを止めた理由」も「値段が高い」が56%で最多。ついで「市販品で十分」、「必要性を感じない」と続く。

美容室の店販品は高価だ。しかし、高価なことも消費者にとっては「憧れ」になる。それも使ってみて「さすが」と思わせてこそである。値段が高くても満足すれば購入し続けるはずだ。

ところが、この調査結果を見ると、使用したところ「市販品で十分」、「必要性を感じない」が多く、購入を止めてしまう。「高いお金を払って買ったのに期待しほどでもなかった」ということだろう。

業界メーカーは、美容師のカウンセリングやアドバイスの必要性をいうが、要は値段に見合った商品ではないのだ。一言でいえば、商品力がない。
カウンセリングも重要かもしれないが、問題は商品そのものにある。

さらに問題なのは、流通の乱れだ。美容室専売品であるはずの店販品がインターネット上で美容室の仕入れ価格より安く販売されていたりする。これではわざわざ美容室で高い商品を買う人はいない。半値で同じ商品が出回っているのを知ったら、買った人は怒るだろう。売った美容室は不信を買うだけだ。

高価かもしれないが、価格にふさわしい高品質な商品、しかも美容室でしか入手できない商品、そんな商品がいま美容業界に求められている。
サロンクオリティという、一つのブランドを美容業界全体で育て上げなければ、美容室の店販の可能性はない。

参考資料:最近1年間の店販品購入者(資料提供:NBBA)

参考資料:最近1年間の店販品購入者(資料提供:NBBA)

LINEで送る

タグ: 店販, 理美容カフェ

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    受験者2,200名超、松風公認制度とは? ………………………………

    持ち・ツヤ・発色に自信の国産ジェル「プリジェル」
    ………………………………

    木曜金曜ポイント5倍、プリモール!! ………………………………

    人気爆発のレーザーラッシュ入荷 ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧