理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

続・美容店の大廃業時代の到来

Posted on | 7月 9, 2014 | No Comments

小山秀男の日々雑感前回の「美容店の大廃業時代の到来」は、思いのほか注目を集めたようで300を超す「いいね!」ボタンの反応があった。

そこで、今回は予定を変更して、前回の続きをもうひと言。

1ヵ月が経過して、アベノミクスによる好景気は持続しているようだ。
この好景気を四半世紀前のバブル経済の再来になぞらえる人もいるが、状況は明らかに違う。あの時は、総中流といわれた時代で皆がみな消費に走り、あらゆる産業が好景気に沸いた。いわゆる下流産業である、われわれの理美容業や飲食業にいたるまで、その恩恵を受けた。

しかし、今回の好景気は、いまのところ一部の産業、大手企業に偏っている。建築・土木、ホテル・旅館などの観光関係、金融関係、輸出関連の産業などにとどまっている。企業規模では資本力のある大手と有力な中小企業ぐらいである。多くを占める中小・零細企業は蚊帳の外の感がある。

果たして、今回の好景気があらゆる産業、しかも企業規模を問わずに行き渡るかというと、そうは思えない。その前に息切れして、結局のところ日本経済の二極分化がさらに進んで終焉する可能性もある。

今回の景気回復で中小・零細企業が困るのは、一部の好景気産業のあおりを受けて、経費が高騰していることである。事実、都市部の賃貸家賃は上昇に転じているし、人手不足による人件費の上昇も大きい。好景気の恩恵を受ける前に、人手不足により経営が立ちゆかなくなる恐れが懸念される。

人手不足の影響は、機械化ができない美容業界に深刻な状況を与える。
以前だったら、技術者は業界内で移動していたものが、近年は他産業に転職するケースが普通になってきている。美容師資格があれば化粧品販売やリラクゼーションなどの業界から優遇される。接客業を軸にサービス産業に転職する例も多い。

人手を確保するには、競合する美容店だけでなく、他の産業にも劣らない、給与をはじめ社会保険など待遇を提示する必要があるが、前述のように好景気の恩恵を受けるまでに至っていない美容業界は簡単にできる話ではない。
結果、「美容店の大廃業時代の到来」になるのである。

前回、生き残る方策を提案すると書いたが、その対象とするサロン規模は従業員4,5人程度のサロンが対象になる。それは次号で。

【小山秀男氏のホームページ】
http://www.koyama-lab.com/

LINEで送る

タグ: 小山秀男の日々雑感

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  • <お詫びとお知らせ>

    メールソフトの不具合により、メールマガジンが配信できない状態が続いています。 不具合が解消されるまで、配信を休止させていただきます。
    理美容ニュース編集部
  •  



    美容師・美容室の求人サイト ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………
    blanc-lash
    スクール生、FC加盟店募集中 ………………………………

    受験者2,200名超、松風公認制度とは? ………………………………

    持ち・ツヤ・発色に自信の国産ジェル「プリジェル」
    ………………………………

    木曜金曜ポイント5倍、プリモール!! ………………………………

    人気爆発のレーザーラッシュ入荷 ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧