理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

ヘアカラー事故で怖いアナフィラキシー

Posted on | 11月 10, 2016 | No Comments

理美容ラウンジ理美容業の対人事故の件数は、エステティックや美容医療に比べると多くはないが、その理美容業で目立つのがヘアカラーによる事故だ。

ヘアカラーによる対人事故は、アレルギー性と非アレルギー性がある。
非アレルギー性は刺激性接触皮膚炎ともいい、刺激物質が許容範囲を超えて皮膚に付着したときに発生する。これはだれにでも起こりえるが、許容範囲は人によって違う。
刺激性接触皮膚炎は、薬液塗布を慎重に行い、頭皮への付着をなくせば防げる。

問題なのはアレルギー性皮膚炎で、アレルギーの原因になるアレルゲンが感作すると発生する。やっかいなのは、それまで何年もヘアカラーをして問題のなかった人がある日突然、またはその時の体調によって感作し皮膚障害を起こすことである。

アレルギー性には皮膚障害のほか、アナフィラキシー(英: anaphylaxis、*)といわれる症状も起こる可能性がある。こちらは蕁麻疹、動悸息切、血圧低下、嘔吐、腹痛などを発症し、重篤化する恐れがあるという。
ヘアカラーによる傷害というと、皮膚障害を想定しやすいが、実際にはアナフィラキシーという症状もある。

アレルギー性皮膚炎、アナフィラキシーとも一度感作し、発症すると以後継続して現れる。理美容店でヘアカラーを施術する場合は、慎重なカウンセリングと、事前のパッチテストが求められる。
前述のように、それまで問題のなかった人が突然、反応して発症する恐れがある以上、ヘアカラー事故を完全に防ぐには、毎回のパッチテストが必要になってくる。

*)急性の全身性かつ重度なI型アレルギー反応の一つ。生死に関わるアナフィラキシー反応(アナフィラキシーショック)を引き起こすことがある。アナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により起こる。

資料:「毛染めによる皮膚障害」(消費者安全調査委員会の報告書)など。

LINEで送る

タグ: ヘアカラー事故, 理美容ラウンジ

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    サロン専用ネットショップ構築サービス
    ………………………………

    ………………………………

    ネイル商材卸販売・OEM作製
    ………………………………

    表参道美容師の選ぶ店販No.1
    ………………………………

    あなたのネイル情報を無料配信!
    ………………………………

    店舗の集客・顧客体験アップデート
    ………………………………

    リネアストリア認定サロン募集中
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
    理美容ニュース twitter
    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧