理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

高級感はあるけど黒の多用は要注意

Posted on | 8月 30, 2014 | No Comments

9.お客を集める外装デザイン(全14回)その8

前回は、10ヵ条のその⑥と⑦で、照明やファサードをうまくつかうことをお伝えしました。今回は色使いがテーマです。

入りたくなるお店の10カ条<チラ見せ>
10カ条のその⑧は、色づかいについてです。
まず、来てほしいターゲット顧客にあったテーマを設定します。たとえば「かわいい」「癒し」「高級」「和風」といったキーワードをあげてみてください。このキーワードはお店のコンセプトにあった外観をつくるために、内装や看板、チラシなど販促物とも一致させる必要があります。

たとえば、高級感を演出する色づかいの例をみてみましょう
お手本は、百貨店の化粧品売り場です。黒やダーク系で深みある色に白の切り抜き文字やゴールド、シルバーを使ったロゴや店舗内装が多く見受けられます。ただ、美容店のばあい、黒を多用しすぎると、女性らしさが感じられず、硬い印象を与えてしまうこともあるので、色の面積比には注意しましょう。とくに、男性経営者さんで、高級感を演出されたい場合に、黒の使いかた要注意です。一歩間違うと男性向き正統派の高級アパレル店のような印象になってしまいます。

つぎに、女性客が好む色づかいも確認しておきましょう。なんといっても、明るく柔らかな色合いにまとめたみせづくりが必要です。たとえば、オフホワイトの壁にピンクや薄紫いろのアクセントときらきら光る素材を添えるとゴージャスでかつロマンティックな雰囲気にまとまります。

女性に人気な洋菓子店やパン屋の店づくりを、美容店づくりに参考にされるオーナー様もいらっしゃります。女性目線の参考になりますね。写真は、パリで屈指の人気のマカロン屋さんです。

女性に人気な洋菓子店やパン屋の店づくりを、美容店づくりに参考にされるオーナー様もいらっしゃります。女性目線の参考になりますね。写真は、パリで屈指の人気のマカロン屋さんです。


次回もひきつづき、美容室のファサードについてです。どうぞお楽しみに。
(著作:和田美香 「はじめての美容室独立開業工事110番(http://salonopen.com)」サイトでも、ブログやメルマガ執筆中)。

LINEで送る

タグ: 夫婦二人で開業する!こだわり美容室

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    受験者2,200名超、松風公認制度とは? ………………………………

    持ち・ツヤ・発色に自信の国産ジェル「プリジェル」
    ………………………………

    木曜金曜ポイント5倍、プリモール!! ………………………………

    人気爆発のレーザーラッシュ入荷 ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧