理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

美容室でネイルができるのは美容師だけ

Posted on | 6月 13, 2017 | No Comments

理美容ラウンジ
美容室の一角でネイルを行なっているのは、よく見かける光景です。ところで、美容室でネイル施術ができるのは美容師に限られるのをご存知でしょうか?

日本ネイリスト協会が行う技能検定試験で1級ネイリスト、上級ジェルネイリストの認定を受けていても美容師でなければ、美容室でのネイル施術は違法行為になります。

これが例えばエステティックサロンの一角でネイル施術を行う分には、まったく問題ありません。

美容師法には、美容師は保健所に届け出た美容所で働くことに規定されています。施術を行わない受付業務や清掃業務は誰でも働けますが、客に施術が行えるのは、美容師に限られます。つまり美容所で客に施術できるのは、美容師だけです。
美容業と理容業の違いは、まつ毛エクステンションとシェービングだけですが、理容師が美容所で働くことはできません。逆も同じです。

近年、エステティック、ネイルまでトータルな美容のサービスを提供する、トータルビューティサロンという高級美容サロンの業態提案がありますが、美容所で届けた場合は、客に施術できるのは美容師だけになります。トータルビューティサロンは、人材確保の面でもかなりハードルが高い業態といえます。

美容所で届け出をしないエステティックサロンやネイルは、かなり自由度はあります。ただし、美容師が行うカットやパーマネントなどの美容技術は提供できません。
美容師理容師はそれぞれ業法で規制され、業権は保証されている反面、面倒なことも多々あります。

理容所美容所の重複届を認める法律改正、また理容師美容師の重複資格を取得しやすくする法律改正が行われました。しかし、重複届サロンで働けるのは重複資格取得者に限られます。重複届出サロンでは、一方の資格しか持たない理容師美容師は働けません。
規制改革の旗印のもと、理容師美容師の垣根が低くなったのは間違いありませんし、いづれは統一されるのでしょうが、その途中経過の現状はかなり複雑になっています。

LINEで送る

タグ: ネイル, 理美容ラウンジ, 美容師法

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「7年連続No.1」
    ………………………………

    プリジェル最新ジェル登場!今だけサンプル貰える!
    ………………………………

    毎月23日は『プリアンファの日』!何かが起こる!?
    ………………………………

    驚異の持続力・最大2か月!発売記念キャンペーン中!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧