理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

鷲野紀子さん(福井県)の論文が最優秀賞に

全理連の2019理容業界振興論文で、福井県の鷲野紀子さんの論文が最優秀賞に選ばれた。2019年9月5日の理事会で報告された。

2019理容業界振興論文 理容学校生も応募可能に

全理連は来年も理容業界振興論文を募集する。テーマは、新たに「ダブルライセンス時代を迎えて」が追加された。また今回から理容学校生の応募が可能になった。

2018年理容業界振興論文 「レディス集客戦略」など追加

全理連は来年も理容業界振興論文を募集する。テーマは従来テーマに「訪問福祉理容の推進」「レディス集客戦略」「インバウンド対応について」が追加された。

高木憲子さん(千葉)が理容業界振興論文最優秀賞に

全理連の2017年理容業界振興論文で、千葉県理容組合の高木憲子さんの「女性理容師が切り開く理容イノベーションの時代~小さな一歩が業界の追い風になるとき~」が最優秀賞論文に選ばれた。

「高度な理容技術」などテーマに来年も理容業界振興論文募集

全理連は来年も理容業界振興論文を募集する。2016年振興論文のテーマは、新たに「高度な理容技術の提供について」「規制改革の対応」の2テーマを加えた。

山中知規さんの「理容業だから出来ること」が最優秀賞に

2015理容業界振興論文の入賞者が2015年9月10日開いた全理連第5回理事会で発表された。18編の応募作から最優秀賞に選ばれたのは山中知規さん(福岡県)の「理容業だから出来ること、理容業しか出来ないこと-戦わない商い-」。

梶川満氏の論文が最優秀賞に 2014年理容業界振興論文

全理連の2014年理容業界振興論文で、鳥取県の梶川満氏の論文が最優秀賞に選ばれた。

「日本の理容と世界のヘア産業」などをテーマに 2014理容業界振興論文を募集

全理連(大森利夫理事長)は、「2014年理容業界振興論文」の募集要項を2013年11月21日開いた理事会で決めた。新たなテーマとして「私のサロン経営」「キッズ集客の方策」「日本の理容と世界のヘア産業」を追加した。

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによる各種セミナーを実施中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    人気の国産BグルーEX、5g容量でさらに使いやすく!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 衛生管理(厚生労働省)



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧

  • 業界基礎データ