理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

2019年風水害で、理美容店も1500店余が被災か

Posted on | 1月 25, 2020 | No Comments

昨年は自然災害の多い年で、理美容業界も大きな被害を受けた。全理連および全美連が2020年1月に開催した理事会で公開した資料などによると、8月豪雨、台風15号(9月)、同19号(10月)で被災した組合員店の被害件数は理容163店、美容248店だった。幸い人的被害はなかったものの、理美容業界全体では組織率から推測すると1500店を超える理美容店が被災した模様だ。

全美連が発表した組合店の被害状況は、全壊レベルのA級が18店、半壊レベルのB級が7店、一部損壊・床上下浸水レベルのC級が223店だった。
全理連は全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊・床上浸水に区分しているが、これを全壊・大規模半壊をA級、半壊B級、一部損壊・床上浸をC級とすると、A級13店、B級66店、C級84店になる。また使用不能となった理容椅子は200台を超える。なお、全理連の資料では大きな被害を受けた千葉県分の報告がないため、さらに被災店舗が増える。

被災した組合員に対し、全美連は災害見舞互助会からの見舞金と組合員から集めた義援金1525万円を組合を通じ配分。全理連も災害見舞給付規程に基づき約800万円を組合を通じて配分した。

理美容合わせて400店を超す店舗が被災したが、これを組織率(理容42%、美容21%)から理美容業界全体(衛生行政報告、2019年)の被災店舗数を推測すると概算1500店舗を超す計算になる。
今後も自然災害の発生する確率が高いとされる。万が一の場合に備え、災害保険や休業補償などへの保険加入は必要不可欠になりそうだ。

LINEで送る

タグ: 災害見舞, 被災理美容店, 被災者支援

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    定額料金の美容師採用サイト「リクエストQJ」
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販
    ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによるインスタライブを配信中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    話題のフラットラッシュをキャンペーン特価で!
    ………………………………

    集客が増える予約システムReservia(リザービア)
    ………………………………

    美容・ヘルスケア業界の採用なら、業界最大級求人サイトリジョブ
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧

  • 業界データ