理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

インディアンの悲劇

Posted on | 1月 13, 2020 | No Comments

logo脱毛は若い女性に限らず、美意識の高い男性もしています。脱毛をする、しないはあくまでも個人の趣向ですが、部族の風習として脱毛していたのが、アメリカ・インディアンです。

インディアンのことを最近はアメリカ大陸の先住民(アポリジニ)として、ネイティブ・アメリカン、あるいはアメリカン・アポリジニということが多い。インディアンは細かくわければ100を超す部族があり、アメリカ大陸に広く分布していましたが、その多くに脱毛の風習があったといいます。
native_indian_
脱毛の仕方、使う器具は部族によってさまざまで、たとえばナチェス族(ミシシッピ下流域)は二枚貝や銅製の毛抜、サンポイル族(ワシントン州東部)は木製や骨でできた毛抜、アシニボイン族(カナダ南部から米国北部)は針金を加工したような超小型の毛抜を使っていました。二枚貝はギリシア、ローマ時代の古くから利用されていた脱毛器具の定番アイテムです。
男性はヒゲを、女性は首から下の体毛をすべて脱毛していたといいます。脱毛する理由、目的は諸説ありますが、よくわかっていません。

アメリカ大陸にコロンブスが到達したのは15世紀末(1492年)、1607年には英国がヴァージニア植民地を設立しています。インディアンに遭遇した白人はインディアンの肌がすべすべなのに驚きました。当初は、脱毛していたとはわからずに、人種的な体質、個性と考えたようです。

18世紀、19世紀にかけて西部開拓がすすみ、自分達の土地が奪われるインディアンは抵抗します。しかし、ライフルと弓では勝負になりません。大虐殺が行われました。虐殺を正当化する理由の一つとして、体毛のないインディアンは白人とは違う別の人種で、しかも劣る人種とされたからです。米国に連れてこられた黒人も肌の色の違いから同様に理解され、長く差別されることになります。

インディアンは悲しい歴史に包まれています。その原因の一つに脱毛の風習があったのかもしれません。

LINEで送る

タグ: インディアン, 脱毛, 髪にまつわるエトセトラ

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによる各種セミナーを実施中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    人気の国産BグルーEX、5g容量でさらに使いやすく!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 資料



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧

  • 業界データ