理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

ランゲルハンス細胞の回復を美容皮膚科学会で発表

Posted on | 8月 1, 2019 | No Comments

免疫美容で使用されるパルシアスタシス(パトラ化粧品)がステロイドなどの副作用で減少したランゲルハンス細胞を回復させることを実証した研究成果が2019年7月27、28の両日、熊本市で開催された第37回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で発表された。

同化粧品を使用することで、皮膚の改善事例やアトピー性皮膚炎の回復事例は多くあり、その科学的な根拠を学会で示し、聴講した美容皮膚科医らから注目を集めた。

(以下、ニュースリリース)
2019年7月27、28の両日、熊本市で開催された第37回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で、田口茂医学博士が発表した「ユニークなアミノ酸複合体(PTS)の連続塗布により、低下した表皮ランゲルハンス細胞数と耳介厚の回復試験~PTS連続塗布による改善症例~」。

研究結果
PTS連続塗布でステロイドの副作用であるランゲルハンス細胞数および耳介厚の減少、低下を有意に増加したことからユニークなアミノ酸複合体(PTS)は、新規コルチコステロイド離脱効果と同時に、ランゲルハンス細胞数および耳介厚の増加、皮膚萎縮の改善を有する効果を示した。

背景と目的
化粧品かぶれから難病のアトピー性皮膚炎(AD)にわたり、表皮ランゲルハンス細胞(LC)数の減少、消失が起きる。
著者らは表皮内樹状細胞のLCに着目し、コルチコステロイド連続塗布でLCが消失したBALB/cの部位に、被験物質PTSを連続塗布後のLCが数および耳介厚の変動を計測した結果、ユニークなアミノ酸複合体(PTS)連続塗布でのコルチコステロイド離脱効果にともない、LC数および耳介厚の有意な増加を観察した。

今後の展開
ユニークなアミノ酸複合体(PTS)は化粧品かぶれに限らず難病ADの(できれば)初期段階からの塗布で、早期完治も可能になる。すなわち、ユニークなアミノ酸複合体(PTS)は医薬品(対症療法)とはことなり、免疫細胞LCを活性化する免疫反応の効果を示すからです。今後は化粧品や医薬品への応用が期待される。
patra_kumamoto
写真・発表会場前で(上)。改善事例(中)、実験でMHC ClassⅡ陽性細胞数(t検定)数値が回復するデータ(下)

LINEで送る

タグ: パルシアスタシス, 免疫美容, 学会発表

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによる各種セミナーを実施中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    人気の国産BグルーEX、5g容量でさらに使いやすく!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 衛生管理(厚生労働省)



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧