理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

「ロボカット」は今世紀中に普及するか?

Posted on | 7月 30, 2019 | No Comments

理美容ラウンジ科学の進歩は恐ろしく速い。科学とは比較的距離があるとされる理美容業界ですが、「ロボカット」という自動カット機が製品化され、さらに高機能な製品の開発が進められています。家庭用の製品なので、理美容業界にとっては気になる話です。

「ロボカット」は、ファンのついた筒状の器具で、ファンで頭髪を吸い込みながら、筒の奧についた刃で髪をカットするという仕組みです(写真)。ファンは掃除機に直結し、毛くずが散らかることはありません。
robocut
米国のAlifred Narraservschi(アルフレッド ナトラサフスチナ)さんが開発した製品です。いまのところ手動式で手持ちでのカットになりますが、アルフレッドさんによると、将来は完全にロボット化が可能で、しかもAIを活用して部位ごとにカットする長さを記憶させ、いつも通りのヘアスタイルはもちろんのこと、希望通りのヘアスタイルにすることも可能だといいます。
フェード系のカットは無理にしても、アルフレッドさんの言葉通りなら、かなりのヘアスタイルに対応可能です。(現在の製品でも出張理美容などでプロが使える製品のようです)

平成の時代にも、自動カット機が開発され、そのデモ画像がユーチューブに公開されていましたが、その動画を見るかぎり、カットされる人は恐怖で顔が引きつっていたのが印象的でした。しかし、ロボカットはこれとは違い、完成度が高い。

アルフレッドさんが豪語する通りの製品が開発されたとしても、普及させるには価格の問題、安全性の担保など超えなくてはならないハードルがあって、そう簡単には普及しそうにないと思うのですが、世の中の変化が激しい昨今、どうなるかわかりません。

ライト兄弟が初飛行で260メートル飛んだのは1903年、66年後の1969年には人類は月面に降り立っています。20世紀よりも21世紀は進歩の速度が格段に速い。今世紀中にはロボカットが普及し、「1家に1台ロボカット」の時代が到来するかもしれません。いや今世紀ではなく、数年後かもしれない。

LINEで送る

タグ: ロボカット, 理美容ラウンジ, 自動カット機

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによる各種セミナーを実施中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    人気の国産BグルーEX、5g容量でさらに使いやすく!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 衛生管理(厚生労働省)



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧