理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

理容業が6年ぶりに美容業を上回る

Posted on | 5月 1, 2019 | No Comments

2018年度第4四半期の景気動向調査
日本政策金融公庫は2019年4月25日、2018年度第4四半期の景気動向調査(DI調査)を発表。DI指数は、5指標でマイナスが長期にわたり続いているが、今期、前年同期比で理容業が改善傾向が見られるのに対し、美容業は上回ったのは2指標にとどまった。

美容業は8年ぶりに利用客数のDIが-40台に落ち込むなど、低迷している。また、5指標を総合して平均した総合指数で、理容業は2012年以降、美容業を下回っていたが、今期6年ぶりに逆転した。
なお、生衛業全体では「持ち直しの動きに足踏みがみられる」と公庫では景況を判断している。

サマリーは次の通り。
売上
理容業は前年同期比で6.1ポイント改善し、-28.2になった。美容業は3.3ポイント悪化し-28.5。

採算
理容業は前年同期比で6.3ポイント改善し-9.0に。美容業は5.8ポイント悪化し-9.5ポイントになった。

業況
理容業は前年同期比で1.4ポイント、美容業は0.3ポイントと両業ともわずかに改善した。理容業は-36.7、美容業は-31.4で、業況判断は両業とも厳しい。

利用客数
理容業は前年同期比で3.2ポイント改善、美容業は3.5ポイント悪化した。美容業は-40.0と2012年第4四半期来6年ぶりに-40台になった。

客単価
理容業は-13.1、美容業は-12.6だった。前年同期比で理容業は1.0ポイント、美容業は2.3ポイントそれぞれ改善した。

【売上、採算、業況、利用客数、客単価の5項目を平均した総合指数の4期平均移動線】
DI2019_4th
DI=良い(増加、好転、黒字)-悪い(減少、悪化、赤字)
経営者の実感を調査したもので、イメージ的な面が反映されやすい
【調査概要】
調査時期:2019年2月下旬
調査方法:郵送
有効回答数:理容業412企業、美容業455企業、生衛行全体3064企業

LINEで送る

タグ: 景気動向調査, 理容業美容業DI調査, DI調査

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    美容師・美容室の求人サイト
    ………………………………

    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………

    マツエクのプロが選んだ商材売上「8年連続No.1」
    ………………………………

    ディレクションによる各種セミナーを実施中!
    ………………………………

    使えばわかるプリジェルミューズ、サンプル配布中!
    ………………………………

    人気の国産BグルーEX、5g容量でさらに使いやすく!
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう
    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………
  • 衛生管理(厚生労働省)



  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧