理美容ニュース

理美容ニュースは、理容 美容業界をはじめエステ、ネイルの業界情報を配信します。

商売繁盛は「うまい」「安い」

Posted on | 2月 14, 2017 | No Comments

理美容ラウンジ「うまい」「安い」は商売繁盛の決め手です。なにも飲食店に限ったことではありません。理美容店も、技術がうまくて、安い料金のお店が利用者から選ばれます。理美容や飲食、クリーニングなど生活衛生関連職種の多くが、これに該当します。

飲食、理美容、洗濯など、人々の生活に密着した職業は、自前(セルフ)、あるいは家庭(ホーム)でもできる職種です。ですから「安い」という要素はいつの時代でも、ついてまわります。さらにホームではできない「うまい」が求められます。

飲食業なら立地によって、たとえば若者が多い学生街なら、「うまい」「安い」+「大盛り」、忙しいビジネス街なら「うまい」「安い」+「早い」がポイントになります。「うまい」「安い」+「大盛り」「早い」なら、間違いなく行列ができる繁盛店になるでしょう。

男性の調髪は、今ではさすがにセルフは難しいでしょうが、それでも「うまい」「安い」は重要な要素です。近年、ヘアカットの特化した業態店や、ヘアカット+ヘアカラーに特化した業態店は、「安い」+「早い」で、ビジネス街や都会で急伸しています。政府の外郭団体が行う顧客満足度でも、「安い」「早い」にプラスして「うまい」と、高く評価されています。

消費者が業態店に流れてしまうのも、残念なことですが仕方ありません。飲食業やクリーニング業は新業態の大手業者によって、大きな影響を受け、街の小規模な飲食店は減少し、クリーニング店は取り次ぎ店に取って代わられてしまいました。理美容業でも近年の業態店の伸長をみると、街の個人経営・小規模経営の店が今後も残っていけるのか、危機感を抱かざるを得ません。

かといって、街の理美容店すべてが業態店にとってかわられる、ということはありません。飲食店でもクリーニング店でも数は減ったとはいえ、やり方次第では繁盛している店があります。理美容店でも業態店にない魅力、他店にない技術サービスを提供すれば、消費者から支持される繁盛店になるでしょう。

しかしひと昔前でしたら、理美容師という国家資格を取得し、数年技術と接客の修業をして晴れて一国一城の主として独立すれば、小規模ながらやっていけた理美容業ですが、いまはそうは甘くないのも現実です。

LINEで送る

タグ: 業態店, 理美容ラウンジ

関連する投稿

Comments

Comments are closed.

  •  



    理美容、エステ、ネイルのプロ向け商材卸通販 ………………………………

    ………………………………
    blanc-lash
    スクール生、FC加盟店募集中 ………………………………

    受験者2,200名超、松風公認制度とは? ………………………………

    持ち・ツヤ・発色に自信の国産ジェル「プリジェル」
    ………………………………

    木曜金曜ポイント5倍、プリモール!! ………………………………

    人気爆発のレーザーラッシュ入荷 ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    施術用具は業界自主基準を守りましょう ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………

    ………………………………


  • 「理美容ニュース」が掲載する記事は、
    編集部取材記事のほか
    公的機関(団体・法人)の公開情報、ニュースリリース(*)、一般報道などの情報によります。

    (*)「理美容ニュース」は、共同通信PRワイヤーなど大手配信会社から情報の提供を受けています。
  • ……………………………………………
    フォローする Twitterでフォローする
    「理美容ニュース」をフォローすると、最新情報をリアルタイムで入手できます。 ……………………………………………
    「理美容ニュース」を ……………………………………………
    理美容ニュース QRコード
    「理美容ニュース」QRコード
    ……………………………………………
  • RSS 最近掲載した記事 一覧